Z / 御壁

¥1600

(2006 grok plastique grok-san)
東京で活動していたThere Is A Light That Never Goes Outと愛知の岡崎で活動していたTout Ensembleのメンバーによって結成されたZ(ゼット)の1stアルバムがついに発売!
ギター、ベース、ドラムにテナー&アルトサックス、フルート、コントラバスという編成や、すべて長尺の曲ということで静謐なジャズ寄りのインストサウンドかと思われるかもしれないが、しかし実際は鋭利で強烈なバンドサウンドにフリーキーなサックスとエナジー全開のヴォーカルが衝突し合い、生々しい臨場感と熱量のある凄まじいサウンドになっている。

先鋭的でセンス溢れる曲の構成力はもちろん素晴らしい。だけどそれ以上に感じられるのは剥き出しで放出される生身の表現。聴いているだけでじっとりと汗をかいてしまう程の熱を帯びたエモーション。
確信を持って鳴らされるスネアの音、印象的なフレーズが耳に残るベース、硬質なディストーションギターのその一音々々に痺れる。そして艶やかで極めて人間的なサックスの音色が自由自在に動き回る。

歌詞は韻を踏んだ言葉が多く使われ、抽象的な散文詩のようで独自の世界を創り出している。直接的な意味を敢えてぼかすことでメッセージ性よりも音の響きや感性、表現するエモーションをより大事にしているのだろう。
そんな言葉達を存在感のある甲高い声とともに吐き出し、体全体で歌い叫んでいるかのようなステージングを見ると思うのは、より純粋に表現することに向かっていっているのだろうということ。

余談だが、このアルバムの曲の中にThere Isの後期の曲のフレーズが少しだけ使われていたのが印象的だった。僕は後期の曲(音源になっていない)がとても好きだったので、そんなところも嬉しかった。

このアルバムはgaji、thermoの君島氏との共同プロデュース。ジャケットもハイセンスで紙質までこだわった作り。
彼等のやっていたバンドが好きな人はもちろん、パンク・ハードコア全般、James Chance & The Contortions、CAN、
大友良英、Improvised Music from Japan関連にも興味のある方は是非。ステッカー付きます。

500万円
無言(mugen)
図式マン
いくさ
熱物語
大海然天

在庫あり

商品カテゴリー:

説明


追加情報

重さ 100 g
大きさ 15 x 15 x 1 cm